幻のシャンパーニュ「サロン」の妹分!!

03-6276-3910

幻のシャンパーニュ「サロン」の妹分!!

コート・デ・ブランの気品を備えた幻のシャンパーニュ「サロン」の妹的メゾン

ドゥラモットは1760年創業のシャンパーニュ・メゾン。
創業者フランソワ・ドゥラモットの長男ニコラ・ルイはマルタ騎士団のシュヴァリエ(騎士)であり、1824年にアルトワ伯シャルル・フィリップが国王シャルル10世として即位した際には、商事裁判所長官として参列し、レジオン・ドヌール勲章を受けています。

今日のドゥラモットは、その拠点をコート・デ・ブランのグラン・クリュのひとつ、ル・メニル・シュール・オジェ村に置き、あの幻のシャンパーニュ、「サロン」の姉妹メゾンという位置づけを担っています。
サロンはご存知のとおり、単一品種、単一クリュ、単一収穫年のシャンパーニュのみを生産し、この100年間にリリースされたのはわずか30数ヴィンテージにすぎません。
ではサロンが造られない年、そのブドウはどうなるのかといえば、このドゥラモットのために使われるのです。

ラインナップは「ブリュットNV」「ブラン・ド・ブランNV」「ブラン・ド・ブラン・ミレジメ」「ロゼNV」の4アイテム。
ル・メニル・シュール・オジェをはじめコート・デ・ブランのグラン・クリュで収穫されたシャルドネの、ピュアな風味がメゾンのアイデンティ。
瓶内熟成期間はブリュットNVでさえ30〜36ヶ月と長く、ブラン・ド・ブランNVでは4〜5年も澱と一緒に寝かせられます。
品種やクリュ、長期熟成など当然ながらサロンとの近似性が散見され、メニル、アヴィーズ、オジェ、クラマンのシャルドネがアッサンブラージュされたブラン・ド・ブラン・ミレジメに至っては、プチ・サロンと呼んでしまいたくなるほどの気品と複雑味が堪能できます。
その一方でユニークな存在がロゼ。ブージィ、アンボネイ、トゥール・シュール・マルヌなどモンターニュ・ド・ランス南部のピノ・ノワールと、メニルのシャルドネを用いた、シャンパーニュでは珍しいセニエ法によるロゼであり、口中に広がる芳醇な果実味がとても芳しい。

洗練されたスタイルをもつドゥラモットは、食前はもちろん、昨今の素材を重視したフランス料理や伝統的な日本料理とともに、十分食中酒として楽しめるシャンパーニュといえるでしょう。

2022/5月  シャンパーニュ・ドゥラモット  ドゥラモット・ブリュット・ブラン・ド・ブランNV

2022/5月
シャンパーニュ・ドゥラモット
ドゥラモット・ブリュット・ブラン・ド・ブランNV

使用されるブドウはシャルドネの聖地、コート・デ・ブランのグラン・クリュからのみという、生粋のブラン・ド・ブラン。

フローラルな香りとシルクのような喉越し。

精緻なレース編みを思わせるデリケートさ。

フィニッシュにマジパンやビスケットなど、香ばしいニュアンスが漂います。

アペリティフに最適なすがすがしさ。

生カキ、刺身、寿司、野菜や魚介類の天ぷらにも適した、日本人の為に造られたかのごときシャンパーニュ。

白/泡/辛口

品種:シャルドネ100%

生産者:ドゥラモット

産地:フランス/シャンパーニュ地方ル・メニル・シュル・オジェ

価格:¥9,350(税込)

関連記事

オー・ボン・クリマ入荷しました!!

オー・ボン・クリマ入荷しました!!の画像

オー・ボン・クリマ入荷しました!!

R.パーカーJr.氏に犬をけしかけるというのは都市伝説でしょうか?

トカイ・アスー!!

トカイ・アスー!!の画像

トカイ・アスー!!

世界3大貴腐ワインの一角です!!

ソーテルヌ、再び。

ソーテルヌ、再び。の画像

ソーテルヌ、再び。

シャトー・スデュイロー2008!!